新規就農マニュアル【農業転職法】

| トラックバック(0)


もしあなたが農家になりたいと思って、数百万円の資金を用意し、
何冊も本を読んで、野菜の作り方もしっかり勉強して、移住先の自治体とも相談して、
農業経営についても学んで、準備万端の上で就農しようとしても・・・・・・
本当に必要なことを、していないから農業転職法5日間無料メール講座

なぜ、今、農業なのか?
日本唯一の新規就農マニュアル「農業転職法」。
そのエッセンスを5日間にわたり、ご登録のメールアドレス宛にお送りする、無料メール講座です。

【1日目】・・・・・・農業が「起業」に向く3つの理由
【2日目】・・・・・・既存農家よりも新規就農者のほうが有利なこと
【3日目】・・・・・・既存農家よりも新規就農者のほうが不利なこと
【4日目】・・・・・・100万円の価値ある17文字
【5日目】・・・・・・やってやれないことはない農業転職法5日間無料メール講座
お名前Eメール※ご登録のメールアドレスに「5日間無料メール講座」以外の迷惑メール等が送られることは、ありません。
想像してみてください。
当サイトは、電子書籍「農業転職法」について解説したサイトです。

農業転職法とは、全く農業経験の無い人が農家になるための、新規就農マニュアルです。

農業で稼げない人は、新規就農の落とし穴に、落ちてしまっているのです。

稼げる人は、意図的にしろ、意図的ではないにしろ、落とし穴に落ちずに就農しているのです。

新規就農が成功するか否かは「本人の頑張り」「努力」「自己資金の額」といった諸条件以上に、
ある幾つかの「落とし穴」に落ちないかどうか、ということが重要になってくるのです。
では、新規就農の失敗原因となってしまう「落とし穴」には、どんなものがあるのでしょうか。

代表的な3つの落とし穴について、見ていくことにしましょう。新規就農の落とし穴(1)「儲からない土地へ移住してしまう」
新規就農の落とし穴の一つは、農業では儲からない土地に移住してしまうことです。

ところが多くの新規就農者は、そこが「農業で稼ぎやすいか」というところには目がいかず、
「支援制度が整っているか」「支援制度が整っていないか」といった部分だけを見てしまうのです。その結果、目先の支援制度につられて、
農業では稼ぎにくい土地に移住する新規就農者が続出してしまうのです。

その土地に代々住み続ける農家が離農し、人口が減っている状況なのですから、
そんな土地で新規就農者が稼ぐのは、並大抵のことでは出来ません。
この落とし穴に落ちてしまう人は、
自治体などが主催する「農業フェア」のような田舎移住イベントを通じて就農している場合が、多いのです。

気になる続きはコチラ↓↓↓↓↓↓↓↓
新規就農マニュアル【農業転職法】

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://desert.pa.land.to/x/mt-tb.cgi/42

このブログ記事について

このページは、ためこむが2010年6月 4日 14:05に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「改訂版:ケアマネ初心者、超実践マニュアル」です。

次のブログ記事は「難聴改善プログラム  「難聴を自宅で簡単に改善するプログラム」 南輪明希」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

run-periodic-tasksスクリプトを実行中です...

QLOOKアクセス解析